History Archives

ヒストリー史料館

トヨタとの絆

創業の頭初から終始一貫して発展と斯業の興隆に寄与して来られました
…貴社の御功績に對し感謝の意を彰はす

当社の前身である淺井商店は、トヨタの創業者豊田佐吉氏より独立を勧められたところより始まる。豊田自動織機ともかなりの量を取引していたが、その子、喜一郎氏が自動車製造に進出した際には、積極的に奉仕。トヨタの試作第1号車設計のフレーム材にも納入を行っている。鉞次郎は、トヨタ自動車への資材の供給者という立場で主要な地位を占めてゆき、1943年8月には嘱託を委嘱された。
また、1949年頃にはトヨタにも戦後最大の経営難に陥った時代があった。鉞次郎は全私財を賭する覚悟で鋼材を納入。戦後の日本の産業の復興とトヨタの復活に一役を担った。
以来、当社はトヨタとの良好な付き合いを継続しており、非上場の会社ながら株式の持合いや社外役員の派遣をしてもらうなど、取引以外にもトヨタとの絆を深めている。

JIS規格”S9CK”の誕生

商工省へ直接談判の結果が実り、
JISに認定

SCK:浸炭肌焼専用鋼、Kは高級の頭文字。鉞次郎は、戦時中より紡織機の筋ローラー用肌焼鋼不足を予見し、神戸製鋼所へ開発要請を行った。製品の品質向上が進まないとみるや、ドイツから鋼材を輸入し、サンプルを現場に何度も持ち込み「こんなものを作ってほしい」と技術開発部門を鼓舞。肌焼鋼の初の国産化に結びつけた。
神戸製鋼所と相談の下、この”淺井規格”の特別極軟鋼をJIS規格鋼とするため、豊田自動織機、豊和工業などの紡織機メーカーに働きかけ、商工省(現:経済産業省)に対して数度にわたり陳情書を提出。1949年7月に特別極軟鋼は無事、規格名”S9CK”としてJISに認定された。

徹底した品質管理

「お客様本位の」「特徴のある問屋」
をモットーに 

当社は創業以来、お客様第一のサービス精神の下、徹底した品質管理を行っている。取引先の求める品質を探し出すため、材料問屋に片端から電話で調査し、在庫確認を行うだけでなく現品を確認し、必要ならばサンプルを入手し、持ち帰り点検を行った。
また、仕様要求に応じて鍛冶屋へ持参して焼入、折曲試験を行い、満足のゆく結果を得られてから買付けに入った。したがって、他の問屋とは異なり、ある程度の点検・試験を得てから納入されたものであるため品質に責任を持ち、自信を持って競争ができる体制にあった。
このように、現地へ出向き、実際に目で見て現物確認をする姿勢は現在も社員に引き継がれており、お客様の納得する品質で材料を提供し続けている。

青鋼会

紡織機メーカー、部品メーカー
とのつながり

1948年発足。主要メンバーは豊田自動織機製作所、豊和工業、日本スピンドル製造、日本シャフト製工所、大阪機工、三国紡織機製工、福島製作所。当時、特別極軟鋼材の両端を”青”色で色別表示していたことから名づけられる。技術打ち合わせや情報交換を兼ねた懇親会であり、時に団結して行動した。
特に、1939年より始まった鋼材の配給制の対処に取り組んだ際は、1948年から1949年にかけ、商工省へ連盟で陳情書や要望書を数度にわたり提出。紡織機メーカーに必要不可欠な材料の必要量の確保に努めた。

株式会社神戸製鋼所 脇浜工場(当時)での記念写真 1957(昭和32)年 4月

鉞次郎の人柄

創業者の厳しさと優しさ

「人と人とのつながりを大切にしなければならない」「平素が一番大事である」
これらを座右の銘とし、鉞次郎は従業員に挨拶・おじぎ・時間を守ることなど厳しく指導した。履物を揃えることはもちろん、机上のそろばんや鉛筆をまっすぐに置くように指導するなどの几帳面さに加え、お客様を見送るときは、車が見えなくなるまで、エレベーターが目的の階につくまでが「人に対する誠意」だと教えた。
商売では「お客様本位」を徹底させていたが、一方、心温かい一面もあり、鍛えられた従業員は"納得のいく厳しさ"であったと振り返っている。また、地元への感謝も忘れず、消防施設への寄付や医療機器・療養施設への温室の寄贈を行っている。

ジャスト・イン・タイム
納入のはじまり

鉄鋼の商社として
初めて採用

戦後、鉄鋼生産設備が合理化され、鉄鋼の流通機構にも合理化が求められ始めた。それまで特殊鋼は、受注生産方式を採用していたため、納期遅れやコスト高が問題であった。
当社は、大阪市大正区に倉庫を構えたのを皮切りに、東京都江東区、千葉県市川市、愛知県高浜市へサービスセンターを設立し、当社独自の在庫システムを構築。鉄鋼メーカーより大量に生産された良質な特殊鋼を、お客様の必要とするときに、必要なだけ、必要なモノ(品種・鋼種)を「ジャスト・イン・タイム」で日本全国どこでも指定場所へ納入するサービスを開始した。当社が鉄鋼メーカーからの材料をコントロールして納入することでお客様が工場や倉庫で材料を在庫するためのスペースや無駄を省き、常に必要なモノだけを手に入れられる環境をつくり、自動車メーカーや部品メーカーの効率的な生産体制に貢献している。

地域とのかかわり

地元への感謝を忘れず、
地域社会にも積極的に貢献

1973年、春恒例の”大阪花まつり”にあわせて、彫像「緑の賛歌」の除幕式が行われた。
大阪市役所南側の中ノ島公園に設置されたこの彫像は、大阪市の緑化運動が始まったのち、その運動のシンボルとしてモニュメントの寄贈を住友銀行頭取堀田庄三氏(当時)に持ちかけられたことから実現したが、創業者鉞次郎の”大阪の町をうるおいのある町に”という強い思いを表したものでもあった。
具象彫刻家の第一人者であった本郷新氏が制作、台座の裏側には説明板があり、以下のような文言が刻まれている。

この彫像「緑の賛歌」は兵庫県川西市の淺井鉞次郎氏が
緑豊かな文化の香り高い街づくりを進めている大阪市の緑化運動に協力して
寄付されたものです
ご芳志に深く感謝し
市民の皆さんと喜びをともにしたいと思います

誠実で商売熱心

豊田 英二
(淺井鉞次郎 追想より抜粋)

昭和46年6月5日、トヨタグループの各工場への納入に至便な衣浦の地へ特殊鋼専業倉庫を設置され、その竣工披露パーティに、当時の石田会長、齋藤副社長と私三人がお招きにあずかりました。
淺井さんとのお付き合いは、トヨタ創業以来のもので、鋼材を一貫して納入いただいただけでなく、いろいろの面でお世話になりました。
創業時の本社工場の建設期には、ご商売を越えて、淺井さん自らが長靴をはき鎌を持って整地作業のお手伝いまでしていただきましたのをはじめ、戦後まもない苦難な時期には、私どもに全私財を賭する覚悟で鋼材の納入を敢然として続けていただけましたことは、とても忘れることはできないでしょう。
また、昭和33年には業界にさきがけて、ジャスト・イン・タイムの納入体制をしかれ、ご無理なお願いに対しましても、そのつど、神戸製鋼所さんと連携をはかられ、よりすぐれた特殊鋼の納入のためになみなみならぬご努力をいただきましたことに対し、深く感謝いたしております。

衣浦サービスセンター第1期工事竣工披露パーティで、トヨタ自動車工業の豊田社長、斎藤副社長(当時)と 1971(昭和46)年 5月