浅井産業で働く人々

Interview

営業はトライアンドエラー
達成感が味わえる仕事

コーティング営業部の仕事
コーティング営業

自動車関連と神戸製鋼所との仕事に興味があって志望

もともと自動車業界に興味があったのと、関西出身で鉄鋼メーカーが近隣にあったこともあり、身近な会社に感じていました。また、浅井産業は一般の方へのネームバリューはないものの、創業が1922年と歴史ある鉄鋼専門商社であったことも魅力でした。実際に面接を受けた時の受付の方の対応ぶり、面接官や先輩社員の雰囲気がすごく良くて、働きやすそうな会社だなと思ったのが決め手になり、入社を決めました。

結果がダイレクトに返ってくるのがおもしろい!

コーティング営業部に所属し、「コーティング(表面処理)」や金型などを販売しています。コーティングとは切削工具、鍛造用、プレス用の金型などの摩耗を防ぎ、耐久性を向上させ、寿命を延ばすための技術です。とくに自動車部品の会社が主要取引先で、「金型の刃先がひどく摩耗している」「耐熱性が低い」「強度の高い皮膜が欲しい」といった、お客様の困りごとやニーズを聞き出し、それらを解決する策を提案します。
お客様との商談がまとまったら、要望やニーズに応えるものを仕入先であるコーティング業者に発注、場合によっては一緒に開発も行い、それが完成したらお客様に納品します。

やりがいは、お客様の生産性向上に貢献できること。そこに少しでも関与できることが嬉しいです。
自動車関連業界は、日々性能が向上していくのが当たり前の世界。ゴールはなく、当社の製品によって機械の寿命が上がって生産性が増し、生産効率も格段に改善されたとしても、決してそれで満足されることはありません。常に「もっといいもの」を求められ、それに応え続けるのがこの仕事の醍醐味です。

また、コーティング営業部のおもしろさは、私たちの提案営業によりお客様に直接貢献ができること。扱う商品であるコーティングや金型は主資材(鉄やアルミ等)ではないため、エンドユーザーの承認を必要とせず、お客様の評価を得ることができたら、実際に使い始めてもらうことが可能です。
たとえお客様の反応が良くなかったとしても、そこで得た知識や情報はその後必ず何かしら役に立ちます。だから、評価をいただけなかったとしても、めげることはなく、そこから「どうすればいいのか」を考えるようにしています。お客様のすべての声を、プラスに捉えて進めていけるところが気に入っていますね。

新規訪問が多いので、自分で切り開いたと思える

コーティング営業部は、お客様の数も多いため、それらをどうマネジメントするかは、基本的には各営業の才覚に託されています。何を提案するのかについても、私たちの手腕の見せどころですから、新規でお客様を獲得すると、自分で切り開いたという手ごたえがあり、感慨もひとしおです。

入社2年目のとき、新規開拓したお客様に提案を採用してもらったところ、格段に生産効率が上がって大変喜ばれました。その後他部署に異動となり、一昨年、約10年ぶりにコーティング営業部に戻ってきたのですが、このときのお客様が今もちゃんと取引先として残っていて、しかもコーティング営業部の売上げ上位になっていたのは嬉しかったですね。

就職活動中の皆様へメッセージ

失敗してもそこに学びがあり、先輩たちもフォローしてくれる

私も入社前、鋼材や機械部品に関する知識は全くありませんでしたが、倉庫、工場での研修、先輩営業との同行営業などの経験を通して徐々に知識を増やしていきました。わからないこと、困っているときは必ず先輩が丁寧に相談にのり、指導してくれます。社内全体が話しやすく気軽に相談できる雰囲気です。また、失敗しても必ずそこには学びがあり、次に生かせます。実際、私自身、何度も失敗をしましたが、それがあっての今の私です。また、そういう個人の失敗を受けとめてくれる会社でもあります。
自分で創意工夫し、一つの仕事を成し遂げる達成感も味わえます。自ら成長したい、やりがいをたくさん感じたいという方にぜひ来てほしいです!

浅井産業社員の1日のスケジュール

8:00

出社

実は出社するのは週のうち1~2日。営業職なので得意先へ直行直帰することが多いです。外出の日は埼玉、群馬のお客様を午前2件、午後2件訪問し、困りごとなどの相談を受けたり、こちらから新しい情報をお伝えしたりしています。

会社に居るときは得意先からの注文書が多数、FAXで届いているので、それらの確認と処理を行います。交通費などの諸経費の精算もこの午前中早めに済ますようにしています。

9:00

事務作業

メールをチェックし、お客様からの問い合わせなどに対応。注文書にもとづき、コーティング業者に製品を発注したり、新規のお客様向けに見積書などを作成したり。そのときの状況に合わせ、仕事の内容は毎日違います。

12:00

昼食

13:00

商談の準備

社内にいるときは午前の仕事を引き続き行います。特に時間をかけて行うのが商談のための書類作成。商談ではある程度、理論武装も大切なので、事前準備は周到に行うようにしています。

外出の際は、午前同様、お客様のところへ伺って、最近の様子や困りごとを話したり、商談を行ったりしています。

17:30

定時

19:00

退社

子どもが起きている時間に帰りたいので、退社はだいたい7時くらいです。

20:00

帰宅

時々、ジムへ行き、筋トレをしています。 週末は10キロほど走っています。社内の野球チームに入っていますし、地元尼崎で、高校OBの水球チームに所属し、試合にも時々出ているので、そのための体力づくりもかねています。

0:00

就寝