浅井産業で働く人々

Interview

個性を活かせる仕事、環境
転職してよかった!

機械・環境機器営業部の仕事
機械環境機器営業

社員の雰囲気、決算状況、福利厚生など
総合的に判断して浅井産業へ

大学の就活時には結局ネームバリューと会社規模で選んだ会社に入りました。しかし、そこで自分の適性を知り、転職を決意。今度は視点を変えて、社名や規模にとらわれず、会社として魅力があるかどうかを重視して就職活動を行いました。会社の雰囲気の良さと決算状況、日本を牽引する優良企業との取引、福利厚生などを総合的に判断し、中身で浅井産業を選びました。

環境に配慮した商品を販売

中途入社し、最初は開発部、その次にコーティング営業部、プラ型プロジェクトなどを経験し、関連会社の浅井ショーワの営業部を経て現在の機械・環境機器営業部で仕事をしています。この部署はまだ設立間もない部署というのもあり、たった4名で全国エリアを分担しているのですが、私は関東以北を担当し、営業活動を展開しています。例えば、新規の工場や事業所を営業開拓し、省エネや作業環境改善、作業効率改善が可能な環境関連商品を提案・販売します。環境に寄与する製品であれば、基本的には何でも扱えるのがこの部署の特色。固定の商品も、得意先もまだまだ少ないので、商品の発掘と顧客開拓がメインの完全提案型営業です。商品の発掘に関しては自分で市場調査を行います。自分が見つけてきた商品が、自ら開拓した会社で採用され、喜ばれたときはやりがいを感じますね。

企業内起業の感覚で自由に新事業に着手

当社は全般的に自由裁量で仕事を任せてくれる会社ですが、中でも私の所属する部署は少数精鋭で自由度が高く、大げさかもしれませんが、会社の中にもう一つ会社があるような感覚です。業績が伸びれば、独立した部署を誕生させることもできます。私自身、メインの事業以外に新たな収益を生む事業部を設立したいと思い、日々の業務に勤しんでいるところです。

営業として心がけているのは、お客様からの要望に対して必ず付加価値をつけるということ。ちょっとしたプラスをするだけで、受注の可能性が上がります。そして、お客様が判断しやすいような提案の仕方をするように注力しています。先輩から教えてもらった方法を受け継ぐことも大事ですが、自分でどう売るか、どうやってお客様に応えていくかも大切です。こんな風に仕事を楽しめるのもこの会社だからこそ。転職してよかったと実感しています。

就職活動中の皆様へメッセージ

個性を生かせるのが、いい会社だと思います!

大学生のときはどうしてもネームバリューで会社を選んでしまいがちです。私自身そうでしたから、気持ちはよくわかります。でも、本当にいい企業とは、自分の個性や能力を生かせる会社です。浅井産業には様々な部署があり、それぞれカラーも違い、業務を通じて個人のやりがいが見出せる環境は整っています。決して大企業ではありませんが、福利厚生、給与も含め、すべて充実しています。ぜひ浅井産業であなた自身の可能性を広げてみてください。

浅井産業社員の1日のスケジュール

8:45

出社

決められた仕事は何一つありません。前の週に大まかに一週間のスケジュールは決めておきますが、状況に応じて、その日やるべきことを優先順位を付けて決めます。社内にいるときは、何件かのお客様のメール対応をしたり、注文を受けた商品の発注をしたり、新規営業のためのアポイントを取ったりしています。

12:00

昼食

13:00

午前中の仕事の続き

新規企業へ提案書を作成したり、電話で見積もりの交渉をしたりしています。また、自分達で新しい商品を発掘するのもこの部署の重要な業務なので、そのための市場調査も行っています。

19:00

退社

自宅ではまだ幼い子ども達と遊んだりしてのんびりくつろぐようにしています。たまにジムに行くこともあります。社内のフットサルチームに参加しており、月1回ぐらい試合に出場しています。土日は、子どもと公園などで過ごすことが多いですね。